アガリクスの成分と効能

アガリクスの成分と効能について説明しています。

アガリクスの成分

アガリクスとは、タンパク質と糖質などの栄養を豊富に含んだキノコで、ブラジルのサンパウロ郊外の山地でしか自生しなかった幻のキノコで、学名をアガリクス・ブラゼイ・ムリルと言い、人口栽培の難しいキノコです。
アガリクスには、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・酵素類・タンパク質・脂質・糖質・食物繊維・灰分等の成分が豊富に含まれていて、その中でも自然治癒力効果のある高分子多糖体β−グルカンの含有量が他のキノコ類と比べると最多と言われています。
アガリクスの自然治癒力効果をもたらす成分としては、多糖体類・β−グルカン・α−グルカン・β−ガラクトグリカン・核酸・ペクチドグルカン・キシログルカンなどがあり、β−グルカンは免疫細胞を刺激して免疫を正常にする作用や抗腫瘍効果・免疫賦活活性効果・抗炎症効果・血糖値調整効果・自律神経失調症・月経不順・更年期障害・コレステロール低下などに効果があると言われています。

アガリクスの効能

疲れ,ストレス

現代はストレス社会と言われています。
軽いストレスは生活の中に緊張をもたらし、活性剤となることもありますが、重いストレスは胃腸障害・不眠症・免疫力の低下など、様々な病気を引き起こす原因となってします。
アガリクスには免疫促進効果があり、免疫力のバランス感覚である生体調整機能(ホメオスタシス)を改善し、生体に備わっている自然治癒力を高める効果で様々な病気に効果があると言われています。
免疫力の低下によって引き起こるガン・糖尿病・肝臓疾患などの成人病や、逆に免疫力が高まりすぎて起こるアトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー性疾患などに効果を発揮し、ウィルスなどの外敵や異物が細胞内へ浸入するのを阻止する力もあるそうです。


生活習慣

アガリクスに含まれるビタミン類・ミネラル類・酵素類は体にとって貴重な栄養源となっています。
アガリクスに大量に含まれる多糖体β-グルカンとポリフェノールは、体の免疫機能を活性化させる作用を持っていています。
ポリフェノールはガンや動脈硬化などの生活習慣病に効果があり、アガリクスの豊富な成分は抗がん作用・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・心臓病・肝炎・胃炎などの病気予防に効果があります。
生活習慣病は自分では気づかないうちに症状が進行していることがあるので、普段から食生活に気を付け、適度な運動をしながら健康を維持することが大切です。


活力

体には侵入してきた病原菌、取り入れられた有害物質、遺伝子が傷つけられて生じた腫瘍細胞(癌細胞)、などを撃退する免疫システムが備わっています。
健康な人は免疫システムが健全には働いているので何の心配もいりませんが、30歳代から下降し始め、40歳代には急激に衰え、多くの人はストレスやバランスの悪い食生活、大気汚染などの公害などによって免疫システムが崩されてきています。
アガリクスの持つ多糖体やエルゴステロール・ステロイド・各種タンパク質・アミノ酸類等々は免疫作用を活性化する作用があるので活力を取り戻したい人にはオススメです。
なにより、ストレスを溜めない・過労を避ける・十分な睡眠・禁煙・栄養バランスの取れた食生活など一つ一つ改善していきましょう。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る