キダチアロエの成分と効能

キダチアロエの成分と効能について説明しています。

キダチアロエの成分

キダチアロエは昔から「医者いらず」と言われ、便秘・消化不良・慢性胃炎・火傷などに効果があり、薬として利用されてきました。
キダチアロエの表皮部分には苦味成分のアロインが多く含まれていて、胃酸の分泌を高めて胃の活動を活発にし、消化不良や胃下垂などの症状を軽減する作用があります。
アロイン以外にもアロエニンと言う特有成分を含んでいて、アロエニンもアロイン同様に胃腸の調子を整える効果があります。
また、アロエウルシンには細胞を活性化させ組織の再形成を促す働きがあり、潰瘍の回復を促す作用や火傷などにも効果があります。
その他にも、ビタミンA・B2・C・Eなどのビタミン9種、カリウムやマグネシウムなどのミネラル12種、7種の必須アミノ酸を含むアミノ酸14種、グルコマンナンなどの多糖4種、グルコースなどの単糖類6種、酵素12種などの栄養成分を豊富に含んでいます。

キダチアロエの効能

美容

キダチアロエはアミノ酸やミネラルなど30種類以上の栄養成分を豊富に含んで、体に溜まった毒素や老廃物などデトックスする効果があり、健康と美容をサポートしてくれます。
キダチアロエのデトックス効果で、加齢やストレス、不規則な生活や体に溜まった老廃物や毒素を排出して、慢性的な体調不良を改善する働きがあります。
キダチアロエには肌の新陳代謝を促進する効果があり、肌を若返らせ、シミ・シワ・吹き出物を改善する効果もあります。
また、食べたものを効率よくエネルギーに変換する効果もあり、便秘が改善され気になる肌荒れもなくなり肌がツヤツヤになります。
他にも、肝臓の働きを活性化してくれるので、全身をめぐっている血液をキレイにしてくれ、老化を防止してくれる作用もあります。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る