アスタキサンチンの成分と効能

アスタキサンチンの成分と効能について説明しています。

アスタキサンチンの成分

アスタキサンチンはカロチノイドの一種で、サケ・イクラ・マダイ・エビ・キンキ・カニ・オキアミ・藻などに多く含まれている天然の赤い色素です。
体内に発生する活性酸素を抑制する強力な抗酸化作用を持っていて、このアスタキサンチンの抗酸化作用は、同じカロチノイドの「β−カロチン」「ビタミンE」「ビタミンC」「ルテイン」の数百倍〜数千倍と言われ、この強い抗酸化作用で細胞を守り、悪玉コレステロールが血管にへばりつくのを防ぎ、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があるとされています。
アスタキサンチンは、他のカロテノイドのように短時間で力を失うことなく、そのパワーを繰り返し発揮できる特徴を持っていています。
また、アスタキサンチンは脂溶性で、体内ではビタミンAの元になっています。

アスタキサンチンの効能

美容

アスタキサンチンは紫外線で真皮に含まれるコラーゲンが破壊されるのを防ぎ、肌の保湿力を高める働きもあります。
紫外線が作り出す活性酸素によってコラーゲンが破壊されてできるシワや、加齢によってできるシミなどアスタキサンチンはビタミンEの数百倍の抗酸化力によって活性酸素を除去するだけでなく、シミの原因となるメラニン色素の沈着を抑えてシミをブロックしてくれます。


見る事

アスタキサンチンは血液脳関門を通れる数少ない物質の一つで、毛様体に作用して眼精疲労の回復に効果があります。
目は紫外線による活性酸素のダメージを受けやすく、目の疲れ・角膜の黄斑変性症・白内障・仮性近視などの原因にもなりますが、アスタキサンチンを摂ることで強力な抗酸化力を発揮し、眼精疲労の原因となる目のピントを合わせる筋肉(毛様体)の疲労回復を助け、目の疲れを改善します。
また目にいいと言われているブルーベリーの成分は水溶性ですが、アスタキサンチンは脂溶性なので目元周辺の隅々まで作用し、目の健康を保ってくれます。


サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る