カルシウムの成分と効能

カルシウムの成分と効能について説明しています。

カルシウムの成分

カルシウムは日本人に不足している最も重要な栄養素で、骨や歯などをつくっています。
日本人が1日に必要とするカルシウム量は700mgで、骨粗鬆症の予防を考えているなら1日800mgは必要とされています。
体内のカルシウムの99%は骨と歯で、残り1%が血液などの体液や筋肉などの組織で、この1%のカルシウムが出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に重要な役割を果たしています。
しかし、年齢を重ねるごとにカルシウムの吸収が悪くなり、食事量の減少・運動不足・日光不足も重なって骨がヘチマのタワシのようにスカスカになり、もろく折れやすくなる病気(骨粗鬆症)になる場合があります。
カルシウムは便や尿として少しずつ排泄されているので、毎日の食事で補っていなければいけませんが、必要量が摂れない場合はサプリメントを利用してもいいかもしれません。

カルシウムの効能

運動

カルシウムの吸収のためには日光にあたる・ビタミンD・運動があります。
カルシウムを牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品、小魚、野菜などから摂りますが、体内に吸収されるカルシウムの100%近くは骨に吸収され、体内の必要量に応じてそのつど出し入れが行われます。
そのカルシウムを吸収するの必要なのがビタミンDで、ビタミンDは皮膚で作られ、このビタミンDを作るには日光(紫外線)をある程度浴びることが必要です。
また、食品からカルシウムを摂った場合、体内に吸収されるのはその半分以下なので、カルシウムの吸収率を高めるために大切なのが運動で、運動することでカルシウムの骨への吸着率は高まります。


食生活

食べ物の中に含まれるカルシウムは、口から摂取され、小腸で吸収されて血液へと流れていきますが、カルシウムの大半が骨と歯に蓄えられ、それ以外は筋肉の収縮やホルモンの調整をしてくれます。
牛乳やチーズが苦手な方、糖尿病や高脂血症、痛風などのため食事制限が必要な方、高齢で食が細くなっている方など、食事ではどうしても必要な量のカルシウムを摂れない方はサプリメントを利用するのも一つの方法だと思います。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る