コラーゲンの成分と効能

コラーゲンの成分と効能について説明しています。

コラーゲンの成分

コラーゲンはタンパク質の一種で、細胞が集まっている皮膚・筋肉・内臓・骨・関節・目・髪など、あらゆる組織に含まれています。
人間の体内にあるコラーゲンは約30種類のポリペプチドの組合せでできていて、コラーゲンが少しずつずれた形で集まることで骨・軟骨・皮膚を構成していることからも、他のタンパク質とは違い細胞と細胞をくっつける糊の役目となっています。
また、人間の身体は水が一番多く約65%、次に多いのがタンパク質で約16%、脂質が約14%、カルシウムやミネラルが5%となっていて、このうち体内のタンパク質に含まれるコラーゲンは30〜40%を占め、身体にとって大きな存在となっています。
そのコラーゲンが不足すると皮膚の水分がなくなっていき、カサカサの肌になり、シワが増えるなど肌が老化し始め、身体の至るところで深刻な影響がでてきます。

コラーゲンの効能

美容

コラーゲンはアミノ酸が多数結合してできています。
コラーゲンは肌の表皮の下にある真皮に存在し、血管と細胞の間で酸素や栄養を補給し、老廃物を取り除く働きをしているので肌のみずみずしさを保つことができます。
ただ、若い肌は新陳代謝が盛んで次々と新しいコラーゲンが作られ弾力が保たれますが、紫外線やストレスの影響、年齢とともにコラーゲンの減少など、代謝が悪くなることで皮膚に弾力がなくなり、保水力が弱まりシワ・たるみの原因となってしまいます。
年齢とともに減少してしまうコラーゲンを生成するにはアミノ酸とビタミンCを一緒に摂るのがオススメです。
食事ではバランスよく摂ることが難しいと思うのでサプリメントなどを利用するなど工夫してみるのもいいかもしれません。
しっかり補給することでシミやソバカスを予防し、美肌を取り戻しましょう。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る