グルコサミンの成分と効能

グルコサミンの成分と効能について説明しています。

グルコサミンの成分

グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類に含まれる主要成分でもあるキチン質を細かく分解したアミノ糖の一種です。
体内でブドウ糖を原料にして作られている成分ですが、年齢を重ねるにつれ失われていき、代謝が追い付かなくなることで体内や関節内のグルコサミンが不足し、手足の関節の痛みが出てきます。
こうした関節の痛みなどを修復してくれるのがグルコサミンで、体内(軟骨・腱・爪・皮膚・結合組織)ではタンパク質とくっついて存在しています。
グルコサミンは軟骨成分の原料となっているだけでなく、軟骨の代謝を調節して軟骨修復を促したり、痛みがある部分で起こっている炎症を鎮める働きがあるなど、ひざやその他の関節の痛みに効果があります。

グルコサミンの効能

運動

関節は圧力がかかると水を出し、圧力が無くなると水分を吸収する衝撃吸収性があります。成分は65〜80%が水分で、水分以外はコラーゲンとプルテオグリカンでできています。
毎日の適度な運動により関節を動かすことで軟骨に関節液が出入りし、栄養を補給しながら新陳代謝を行っています。
しかし、運動不足の状態が続くと関節は栄養失調になってしまい、軟骨は脆くなり壊れてしまいますが、グルコサミンを摂ることによって膝(ひざ)・腰・肩の関節痛緩和、軟骨や皮膚などの再生、関節の炎症を抑え、傷ついた軟骨の修復を促進し、変形性関節症やリウマチの痛みや腫れを改善してくれます。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る