ごまエキスの成分と効能

ごまエキスの成分と効能について説明しています。

ごまエキスの成分

ごまエキスとは吸収率を良くし、余分なカロリーを摂らないように有効なごまタンパクだけを抽出したものを言います。
ごまエキスはビタミン・ミネラル・カルシウム・鉄分など様々な栄養成分を豊富に含んでいて、ごまの成分の1%未満のゴマリグナンの中に含まれている貴重な成分であるセサミン(抗酸化成分)を含んでいます。
セサミンは体内で吸収されたあと、肝臓で身体を作り出すアミノ酸やタンパク質・脂肪などの合成・分解・有毒物質の解毒などの働きをして、皮膚や粘膜を形成してくれます。
また、ごまに含まれている脂質の主成分である脂肪酸はリノール酸とオレイン酸などの不飽和脂肪酸が占めているので、活性酸素が多く発生する肝臓で抗酸化作用を発揮して肝臓機能を高めてくれます。

ごまエキスの効能

生活習慣

ごまエキスには、脂肪・タンパク質・カルシウム・鉄分・リン・ビタミンB1・ビタミンEなどの栄養素が多く含まれていて、その中でもリノール酸とオレイン酸などの不飽和脂肪酸は生活習慣病の原因となる悪玉コレステロールの発生を抑制する作用があります。
ただ、不飽和脂肪酸は酸化しやすく、人間の細胞膜を酸化させ正常な働きができなくしてしまう過酸化脂質を発生させてしまいます。
しかし、ごまエキスには抗酸化作用を持っているセサミンやビタミンEを多く含んでいるので老化防止・動脈硬化の予防などにも役立ちます。


活力

ごまエキスに含まれるセサミンは老化や動脈硬化などの原因となる活性酸素(身体の中のサビ)を除去したり、肝機能を高めてくれる効果があります。
また、カルシウム・鉄・リン・マグネシウム・亜鉛などミネラルもたっぷり含んでいるので肌につやを与えてくれますし、ビタミンB1の作用で疲労が回復し、ビタミンB2の作用で目の疲れが回復するなどの効果もあります。
その他にも足腰の弱りや白髪などにも効果的だと言われています。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る