スクワレンの成分と効能

スクワレンの成分と効能について説明しています。

スクワレンの成分

スクワレンとは、水深300m〜1,000mの深海に生息するザメの肝臓から採れる油のことで、深海で生息する深海鮫は高水圧・低酸素の中でも強い生命力を持っていられるのは、全体重の25%を占める肝臓にあると言われています。
スクワレンは各臓器の機能回復作用や新陳代謝を活発にしてくれる働きもあり、特に肝細胞に酸素を与えることで肝機能障害を改善し、活力を与えてくれます。
このスクワレンは人の皮膚にも含まれている成分で、皮膚細胞で生成されたスクワレンは表皮上に分泌され、肌を保護する皮脂膜の成分となり、乾燥や紫外線などの外的刺激から肌守ってくれます。
また、体内の酸素が不足すると、大脳中枢や内臓器官が十分に働かなくなり、消化・吸収・排泄の機能が低下するなど、様々な成人病を引き起こす原因にもなりますが、酸素供給作用のあるスクワレンを摂ることで体細胞に酸素を供給することで病気を抑制し、各臓器の機能向上にも繋がります。

スクワレンの効能

美容

スクワレンはもともと人間の皮脂に含まれる生体成分で、皮脂と水分が肌の上で自然に乳化して皮脂膜をつくり、潤いを守る保湿効果や肌をやわらかく保つエモリエント効果、バリア機能を高めるなどの働きがあります。
皮脂膜は雑菌の侵入や紫外線から皮膚を守ると共に、皮膚の水分が蒸発するのを防ぐ水分調節の役目を果たしています。
スクワレンはお肌の曲がり角と言われている25歳ぐらいから減少し始め、肌が乾燥するだけでなく、皮脂膜のバランスが崩れ外界からの刺激に負けやすい肌になり、シミ・ソバカス・ニキビ・しわなどの原因となってしまいます。
そこで、酸素供給作用のあるスクワレンを摂ることで酸素が増加し、皮膚細胞の新陳代謝を活発化させ、瑞々しい素肌を取り戻すことが出来ます。


運動

深海ザメの肝臓から取れる肝油には、保湿や運動時などの健康生活に欠かせないスクワレンと言う成分が豊富に含まれています。
人間の体には臓器・組織・たくさんの細胞があり、その細胞は酸素を基盤として活動しているので、スクワレンを摂ることで代謝機能を活性化させ、自然治癒力を発揮させるので、腎肝機能の向上や運動機能の向上、各皮膚疾患の回復、免疫力増強などに作用があります。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る