ビタミンCの成分と効能

ビタミンCの成分と効能について説明しています。

ビタミンCの成分

ビタミンCは水溶性のビタミンで、アスコルビン酸とも呼ばれています。
人間の体内では合成に必要なL−グロノラクトン酸化酵素が欠損していて、ビタミンCを合成することができないので、野菜や果物などの食物から摂らなければいけません。
ビタミンCはコラーゲンの形成・血管の柔軟性・抗酸化作用・免疫の強化・抗ガン作用・頭痛や生理痛の緩和などの作用があります。
ビタミンCは体内でコラーゲンの生成など重要な抗酸化物質として働いていますが、不足するとコラーゲンの構造が弱くなるため毛細血管が破れて出血するなどの壊血病を引き起こしたりします。
その他の症状としては消化不良・水腫・憂鬱・虚弱・疲労・精神障害・痔・貧血・母乳不足・関節炎・肝硬変・シミ・ソバカスなどがあります。
また、ビタミンCは壊れやすい性質で、熱に弱く、水洗いするだけでも失われてしまうので、サプリメントなどを利用するといいかもしれません。
ただ、摂取しても数時間で体外に排出されてしまう性質があるので、こまめに摂る必要があります。
一日に必要なビタミンCを摂っていれば、風邪ウイルスの侵入を防ぎ、免疫力を高める働きもありるので、バランスよく摂るようにしましょう。

ビタミンCの効能

美容

ビタミンCは健康や美容に欠かせない栄養素として注目を集めています。
肌にできるシミやソバカスは、メラニン色素の生成が原因ですが、ビタミンCが持つ抗酸化作用でメラニンの生成を抑え、メラニン色素還元(美白)作用でシミを薄くし、くすみのない透明感のある肌にしてくれますが、ビタミンCは肌内部に浸透することが出来きないので直接に肌に塗っても効果はありません。
そこで、ビタミンCをリン酸や糖などと結合させてビタミンC誘導体をつくります。
ビタミンC誘導体は皮膚に吸収されてビタミンCに変わり、コラーゲンの生成を促し、若々しい肌を作ってくれます。
また、角質の水分を保持する細胞間脂質セラミドの合成を促す作用があるので、肌の水分を保ちながらキメを整えてくれます。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る