ビタミンEの成分と効能

ビタミンEの成分と効能について説明しています。

ビタミンEの成分

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、自然界に存在しているのがトコフェロール(α-トコフェロール ・β-トコフェロール・γ-トコフェロール・δ-トコフェロール)とトコトリエノール(α-トコトリエノール・β-トコトリエノール・γ-トコトリエノール・δ-トコトリエノール)の8種類があります。
ビタミンEは穀物・緑葉植物・海藻類・野菜・植物油・魚類・肉類・高等植物などに広く分布していて、抗酸化作用が強く、体内の細胞膜の酸化による老化を防ぐ作用や血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病を予防することができます。
ビタミンEを多く含む食材は、植物油・ナッツ油・アーモンド・落花生などに多く含まれ、その他には、ほうれん草・かぼちゃ・木綿豆腐・卵・レモン・キウイフルーツ・たらこ・マヨネーズ・いわし・うなぎなどにも含まれています。
ビタミンEを摂ることで末梢血管を拡げて血行を促進し、目律神経を整えてくれます。
また、不妊治療や更年期障害などの女性ホルモンなどの症状にも効果があるそうです。

ビタミンEの効能

美容

ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っているので、若さや美容の栄養素と言われています。
シミやシワは体内に存在する活性酸素が原因でできますが、ビタミンEの持っている抗酸化作用は活性酸素を抑えてくれる作用があります。
また、ビタミンEには血行をよくして皮膚の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促すことでメラニンを体外に排出し、シミやシワ・ソバカスを薄くします。
その他、ビタミンEを摂ることで血流がよくなるので、冷え症・肩こり・腰痛などが改善し、全身の血行がよくなることで新陳代謝が活発になり、肌にハリが出てきます。

サプリメントの成分・効能関連情報

このページのトップに戻る